オススメ紹介 まとめブログ

【スマホ】【比較】iPhoneにするそれともAndroid?2大スマホOSの3つの決定的な違いをメリットとデメリットで徹底比較!

LINEで送る
Pocket

  • 「iPhoneとAndroidって何が違うんだろう...」

と思ったことはありませんか?

始めてスマホを購入される方やスマホを買い換える際にiPhoneとAndroidの違いについて悩まれる方が多いです。

この記事ではiPhoneとAndroidのメリットとデメリットからそれぞれの違いについて解説していきます。iPhoneとAndroidの違いを理解して自分にあったスマホを購入しましょう。

iPhoneのメリットとデメリット

iPhoneのメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

iPhoneのメリット

まずはiPhoneのメリットについて解説していきます。

iPhoneのメリットとして主に以下の4つが挙げられます。

操作にストレスを感じにくい

iPhoneはスマホを初めて操作をするという方でも使いこなすことができます。

それだけ操作がカンタンで直感的に操作することに優れています。

これから始めてスマホを持つ方の最初の1台におすすめです。

操作がカンタンなのでシニア世代の方も利用される方が多いです。

周りの人に操作方法を聞ける

iPhoneは日本国内においてAndroidよりもシェア率が高いです。

そのためあなたの周りもiPhoneを使っている可能性が高く、万が一操作に困ったとしても聞くことができます。操作に不安がある人こそiPhoneを購入しましょう。

Apple製品との連携がカンタン

iPhoneはAppleが販売している商品のため他のApple製品との連携がカンタンです。

同一アカウントでそれぞれログインするだけで連携が行えます。動画や画像、メモ帳の同期などを自動で行えるためMacやiPadを持っているという方はiPhoneがおすすめです。

セキュリティがしっかりしている

スマホはアプリのインストールからウイルスが入ることが多いです。

しかしiPhoneがスマホをインストールする際に利用するApple Storeの審査は非常に厳しいため、セキュリティ対策は万全だと言えます。

セキュリティの面で心配する必要はないでしょう。

iPhoneのデメリット

先ほどiPhoneのメリットを解説しましたが、一方でデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。iPhoneのデメリットは主に以下の3つが挙げられます。

値段が高い

iPhoneはAndroidに比べて端末の料金が高く設定されています。

最も新しいモデルを購入すると10万円を超え、カスタムを行えばそれ以上の料金が必要です。

できるだけ月々の支払いを減らしたいという方はやめておいたほうが良いでしょう。

SDカードを挿入できない

iPhoneにはSDカードスロットがなく内臓メモリにデータを記録しています。

内臓メモリの容量がなくなるとデータが保存できなくなります。

しかし、ネット上にデータを保管できる「クラウド」があるためSDカードの挿入が出来ないこと自体にそこまで問題はないでしょう。

イヤホンジャックがない

iPhone7以降はイヤホンジャックがありません。

ライトニング端子のイヤホンしか接続ができないため、通常の端子のイヤホンを使う場合には変換アダプタが必要となります。

ただ、変換アダプタも購入時に同梱されているので無くさない限りは問題ないと言えるでしょう。

Androidのメリットとデメリット

iPhoneのメリットとデメリットを解説したところで、次にAndroidのメリットとデメリットをそれぞれ見てみましょう。

Androidのメリット

Androidのメリットは主に以下の2つが挙げられます。

端末の種類が豊富

Androidは端末の種類が豊富に用意されています。

iPhoneはAppleしか開発を行っていませんが、Androidはソニーやサムスン、SHARPなど様々な会社が端末を開発しているからです。

より自分にあった端末を見つけやすいと言えるでしょう。

カスタマイズの自由度がたかい

ホーム画面やメニューなどを自由にカスタマイズできるのも大きなメリットです。

天気予報やカレンダーをウィジェクトとして設置しておけばわざわざアプリを開かなくても確認することができます。しかし、カスタマイズの自由度が高い分使いこなせなければ見にくくなってしまう場合があるため注意が必要です。

Androidのデメリット

先ほどはAndroidのメリットについて解説しましたが、一方でデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。Androidのデメリットは主に以下の2つが挙げられます。

端末ごとに操作が異なる

先ほどAndroidのメリットとして端末の種類が豊富なことを挙げました。

しかし、端末ごとに操作方法が異なるため機種を買い換えると操作方法がわからなくなるということが多々あります。

スマホの操作が苦手な方は購入しない方が良いでしょう。

セキュリティが弱い

Androidはスマホのアプリをインストールする際にGoogle Storeを利用します。

しかしGoogle Storeは審査が緩いためウイルスの入ったアプリを認可してしまうことがあります。

信頼できるアプリ以外は入れないようにするなどの対策が必要です。

iPhoneとAndroidの3つの決定的な違い

ここまでのiPhoneとAndroidのメリットとデメリットを踏まえて、iPhoneとAndroidの決定的な違いは3つあります。

この3つの点を意識してどちらを購入するのか判断すると良いでしょう。

端末の選択肢

iPhoneはAppleだけが開発を行っているため端末数も少ないですが、AndroidはソニーやSHARPなど様々な企業が機種を開発しているため種類が豊富です。

例えば折りたたみができる機種やキーボードがついた機種などが挙げられます。

ぜひこの機会に自分にあった個性的なスマホを探してください。

操作性

iPhoneは直感的な操作に優れており誰でも扱うことができます。

しかし、Androidはカスタマイズに自由度が高いため人によっては操作することが難しいと感じるかもしれません。

初めての1台を選ぶ際には自分が操作できそうか確認してから購入するようにしましょう。

セキュリティ

iPhoneとAndroidではセキュリティの面で差があります。

iPhoneとAndroidはアプリをインストールする際に使うストアが異なりますが、iPhoneの場合はApple Storeでアプリの審査が厳しく、Androidの場合はGoogle Storeでアプリの審査は緩くなっています。

アプリからウイルスが侵入するというケースも多いため、信用できるアプリか調べてからインストールしましょう。

まとめ

iPhoneとAndroidのメリットとデメリットからそれぞれの違いについて見ていきました。

どれだけ性能が良いスマホだとしても使いこなせなければ意味がありません。

どちらの方が良いというものではなく、自分に合ったものを購入することが大切です。

あなたに合うスマホを探してみてください。

LINEで送る
Pocket

-オススメ紹介, まとめブログ
-, ,